木の家の着工

岐阜で木の家を建てる方のお住まいを着工しました。ようやく着工を迎えることができました。かれこれ出会いは何年たつのでしょうか。ご夫婦ともに、岐阜にゆかりがなく勤務先の近くだからとお住いになりました。でも岐阜という地は、自然が多く、川や、森が多く、自然と木の家を選ぶようになったのかもしれません、とお話をいただいたときに、そうなんだ、と自分でも岐阜の良さをもう一度きづかされました。岐阜に住むことに、とても様々な想いがあったかと思います。会長の言葉を借りまして、「ようこそ岐阜へ!」故郷となる家を建てさせていただく地域工務店として家づくりを楽しく、安心したものにしていきます。楽しむことが大好きなY様ご家族にピッタリの家をつくりあげてまいります。これからもどうぞよろしくお願いします。今日は、ほぼ一日中、敷地を見たり現場を回ったりしておりました。岐阜市内で建築中の現場に立ち寄った際、せっせと仕事をしていた大工さん。フッと一呼吸。街中ですが、2階から外を見ると良い景色。作業中は家の中に集中してますが、たまに景色を見ます。気持ちが落ち着きます。毎日の暮らしも同じではないでしょうか。「外を眺める」  私も同じですが、何気なくフッと外を眺めることが心を安定させる気がします。気がついたら窓の方に体が向いている。お庭や外の空気に触れたいという、心の底では欲している。自然な行動です。この写真を取ったときに感じました。PR:岐阜の工務店で木の家を建てる