木の家のオーナー宅

本日は、K様邸にOB案内へ行ってきました!!

築4年目のお宅。

住宅街の一角に、青々とした緑の庭の奥に、植栽とマッチした茶の瓦がよく似合うエアパスの家がありました。

新しい家が立ち並んだ風景の一角にあったためか、「森の中の家」そんな印象をより受けました^^

中に入ると、自然な明るさが広がりました。

と、言うのも15時ごろでしたが照明はまったくつけていない様子。照明を付けていないことに最初は気がつきませんでした。

それくらい、南と東の大きな窓が効いていたんです。

それだけではありません。お施主様の話しからは「この位の時期に入ると19時まで照明はつけずにすごせます。それくらい明るいんです!」と驚く話が!

また、どの家にもない「居心地の良さ」がこの家にはあるということ、

夏場外から帰っても家に入ると「涼しい~^^」と感じること、

家に入ると「はぁ~落ち着く。」とそんな風に感じる話し。

K様はこんな表現をされました。

「落ち着くというか、安心するんです」

家に帰ってそう思えること。すごく価値がありますね。

私もお連れしたお客様も、本物の素材だからこそ、感じることができる「家の落ち着きや安心感」に癒されてしましました。

また、住むお客様は、どこか日々を楽しんでみえて、大らかで、素敵な方が多いな。とつくづく。

K様本日はありがとうございました。

また是非お客様をご案内させてくださいね。

PR:愛知の工務店で家づくり